愚陀佛庵について

【お知らせ】

2010年7月12日の記録的な豪雨で、松山城の城山において大規模土砂崩れが発生し「愚陀佛庵」が全壊しました。
愚陀佛庵の再建に向けて

愚陀佛庵

114年ぶりに「松風会」句会復活。全国の結社が句会を開催しています。(現在休会中)

萬翠荘の裏手にある愚陀佛庵は、夏目漱石が英語教師として松山中学校に赴任した際、下宿していた上野家の離れを当時の雰囲気そのままに復元したものです。
正岡子規が療養のために居候し、1階に正岡子規、2階に夏目漱石が住み、52日間共に過ごし、俳句づくりに没頭しました。小説「坊ちゃん」はここで過ごした松山での教師体験を元に生まれました。
この「愚陀佛庵」という名前は夏目漱石の自分の俳号「愚陀佛」から名付けたという説と、正岡子規が「愚陀佛がいる庵」と呼称しているところから、正岡子規が名付けたという説があります。

この愚陀佛庵において、毎週1回定例の「愚陀佛庵句会・松風会」を開催しているほか、全国の俳句結社の皆様にも句会開催を案内したところ、多数の結社から句会開催の申込みを受けております。
当時子規たちが開催していたであろう句会の雰囲気を想像しながらの句会は好評を得ています。

愚陀佛庵での句会についての詳細は、こちらをご覧ください。
愚陀佛庵で開催された俳句結社の句会での作品紹介

桔梗活けてしばらく仮の書斎哉(正岡子規)

愚陀佛は主人の名なり冬籠(夏目漱石)

愚陀佛庵のご案内

開館日 閉館中
入場料 無料
所在地 〒790-0001 愛媛県松山市一番町3-3-7(アクセスマップ
電話番号 089-921-3711

愚陀佛庵の貸し室については「貸館のご案内」をご覧ください。

三庵めぐり

この愚陀仏庵の他に、放浪の俳人・種田山頭火が終焉の地と定め往生を遂げた一草庵(いっそうあん)。さらに、江戸時代を代表する俳人・栗田樗堂(くりたちょどう)がつくった庚申庵(こうしんあん)があり、松山に根付く俳句の歴史をたどる「三庵めぐり」が人気です。

このページの先頭へ