俳句の殿堂

萬翠荘 ホームに戻る俳句の殿堂TOP~俳句の殿堂~ 扇

(オウギ)

結社理念

扇冊子
俳句の根源は故郷にあり、幼年期に育まれた郷愁と情愛、七五調のリズムを大切に幅広い写生とかるみの作風を志す。

主宰者

扇主宰 岡田 守生
岡田 守生(オカダ モリオ)
昭和11年徳島県生まれ。
大阪市立今宮高校卒業。関西学院大学文学部中退。
父、岡田松韻(保)俳人の影響をうけ諸国放浪の旅へ。香川県高松市にて(有)岡田印刷開業。昭和50年「晩緑」同人勝瀬満寿男に師事。昭和60年「星」入会。吉野義子に師事。60年同人。平成3年「黄鐘」へ同人入会。俳人協会第32回全国俳句大会秀逸賞。平成5年結社誌「扇」を創刊。香川県俳句協会事務局長。高松市民文化センター俳句講師。高松カルチャーセンター講師。四国新聞社発行ウエルネスかがわに俳句入門連載などを経て現在に至る。

連絡先

住所
〒761-0104 香川県高松市高松町233-3

主宰の100句

1 控え目に咲く佗助のおちよぼ口
2 年の豆数え拾いて手に余す
3 佗助や隣り座敷の茶筅音
4 検診を終えて家路を薔薇の径
5 東風吹くや鳴門の渦の迷い潮
6 線となり点となり行く帰雁かな
7 頣の噛み合いあしき涅槃西風
8 春雷や一網に島捕らえたる
9 少子化とゆうと言えども雛飾る
10 内裏雛左右を違えて飾りけり
11 海鳴に目覚む春眠浅からず
12 尿子の後ろ姿や山笑う
13 時として編制ほどき行く帰雁
14 老斑の腕に掴む雛の菓子
15 霞たる屋島遠目に父母の墓
16 揚羽蝶父母の墓前の供華に舞う
17 夏蝶の汚れし色に交みけり
18 見上げても見下げて観ても花は花
19 下枝より開き初めける桜かな
20 紫陽花や昔の色をそのままに
21 百坪を征し一樹の藤の棚
22 行く春の白紙に滲む墨の色
23 麦秋を来て喉嗄の水を乞う
24 讃岐富士裾野十里の麦の秋
25 くちなしや無垢な娘が解け初む
TOPへ
26 子には子の客ありメロン切る音す
27 看護師の夜半の巡回明け易し
28 七夕や急かされて食ぶ患者食
29 しつとりと肌着身につく五月かな
30 文を書く窓に来て去る梅雨の蝶
31 ひびき合う親子遍路の鈴の音
32 屋島嶺や遍路杖持ち島を指す
33 山笑う鈴の音絶間なき屋島
34 逆うちの遍路なにやら唱え行く
35 接待の茶に辞儀つくし行く遍路
36 山道にゆくりなく摘む蕗の薹
37 大槌も小槌も島よ瀬戸霞
38 ふらここを漕ぐや屋島を足蹴にて
39 外灯のあぶり出したる落花かな
40 一握の島を見下げて雁帰る
41 新緑の並木いつもの散歩道
42 ちちははも阿波の生れよ藍浴衣
43 学童のカメラに納む羽化の蝶
44 紅梅に胸中ひらく女かな
45 幾重にも岬つらねて土佐の春
46 鳴門はや小渦に淫らぐ若布般
47 大歩危も小歩危も昏れて青葉木莬
48 蕨餅鄙びし家の子沢山
49 女鵜匠の十指に操る鵜網かな
50 萍を風が分けゆく水の音
TOPへ
51 じつと見る一尾となりし金魚鉢
52 大夕焼け史跡繙く裏屋島
53 陽炎や自慢話をして孤独
54 隣り合う人の扇の風もらう
55 海霧深し屋島俯瞰の檀の浦
56 実梅まろまろ産毛なす子の児斑
57 明易や女整う手櫛髪
58 萬緑に五体あずけて鳶の笛
59 鶏頭の炎に火傷せし小指
60 地に落ちてより華やげる椿かな
61 裏道へ逸れて出会いぬ帰り花
62 喪帰りの花野にこぼす清め塩
63 女木島は晴れて男木島しぐれけり
64 また一つ島を抱き込み初しぐれ
65 一刻を惜しみ一刻借る夜長
66 蜘蛛の囲に夕日すつぽり捕られけり
67 本流をさけて淀みのあめんぼう
68 空梅雨や芳名帳のかすれ文字
69 まなかいに城山を容れ明け易し
70 銀漢や人の数ほど恋生まる
71 わらべらの声跳ね返る雪の朝
72 蓮骨のくの字はの字に湖を刺す
73 着膨て往き交う人の皆無口
74 しゃがみ見る廁窓辺の実南天
75 約束のように陽の射す鴨の池
TOPへ
76 もつれては風に解ける枯尾花
77 熟柿喰う鴉の嘴の赤かりし
78 近道を取りて芒の風に逢う
79 蔓引けば踊りつつ来る烏瓜
80 屋島寺の鐘うおんうおんと芒原
81 風紋や砂丘綾なす初日の出
82 淑気満つ瀬戸の海原島多し
83 島々の影絵となりて初日出ず
84 初日さす島に数戸の蜑(あま)の家
85 それなりの顔して喜寿の屠蘇祝う
86 地に降りて雀弾めり春隣
87 松明けて食の不規則引きずれり
88 どの道を取るも恵方と思うべし
89 初鏡きりりと結いし茶筅髪
90 朝市のものみな雪を被て売らる
91 除夜詣八一(やいち)の歌詩の鐘の音
92 二日はや硯に墨を磨るしずか
93 餅花の影に紅白なかりけり
94 少子化の家に過ぎたる鏡餅
95 左義長の炎に鳩の翔く気配
96 七種に一菜欠けたる粥を炊く
97 会うこともなき教え子の年賀状
98 繭玉や子の口にある紅の色
99 臘梅にかこつけて侍す褒め言葉
100 鳶の輪の一つは解けて冬の海

俳句の殿堂INDEXへ戻る

このページの先頭へ