愚陀佛庵 インターネット俳句会

結果発表(平成29年4月開催分)

特選受賞句には選者の八木健デザインの「ハイクアート」が添えられます。
ハイクアートは画像をクリックして拡大先から印刷・ダウンロードください。


平成29年4月の結果

特選(10句+俳句アート)  秀逸(10句)  入選(53句)

 特選作品のハイクアートは、画像をクリックすると拡大表示されます。
    拡大されたハイクアートを閉じる際は、ブラウザの「×」をクリックしてください。

【特選】花の雨螺鈿のごとき夜の窓(佐々木志緒)八木健からのコメント:花の雨とは桜が咲いていて雨天になった時を言うが夜の景ともなればビルの照明と美しさを競うことになる。美しいものを並べて夜の窓の句とした

【特選】島々や瀬戸大橋で半仙戯(永井和子)八木健からのコメント:半仙戯はぶらんこのこと。俳句は俳諧の連歌のロマンにルーツがある。瀬戸の島々が吊り橋でぶらんこをするという壮大な嘘が真実味を帯びて可笑しい。

【特選】堅香子のどの花もみなイナバウアー(松永房子)八木健からのコメント:堅香子はカタクリのことである。花びらがうしろへ反り返るところをイナバウアーと見立てたところが面白い。素直な感性あればこその一句である。

【特選】四月馬鹿しゃべる家電に返事して(彩楓)八木健からのコメント:迂闊にも喋る家電に返事をしたという滑稽である季語四月馬鹿によくマッチしています。「して」でその後を読者に想像してもらう仕掛けも面白い。

【特選】鉛筆で眉たす女春めきぬ(桃猫雪子)八木健からのコメント:化粧のうち眉を描くのが一番難しいだろう。やさしくすんなりと描けたら心うきうきである。「鉛筆で眉たす」と具体的に書いたところにリアリティー。

【特選】たたされし記憶の中の葱坊主(田中雅文)八木健からのコメント:直立の葱坊主と立たされた記憶。直立の葱坊主に仲間意識を持ったのである。とりあわせは読者に共感してもらえるものでありたい。この句は共感される

【特選】肛門を舐められてゐる仔猫かな(汝火原マリ)八木健からのコメント:俳句は実際に目撃した可笑しいこと珍しいことを誰かに伝えるものでもある。清潔を大切にする葉は猫の愛情あふれる貴重な場面を目撃したのである。

【特選】人目など気にもせず落つ椿かな(晴好雨独)八木健からのコメント:落椿の自分勝手は昔からである。多くの俳人が椿の早すぎる落花を嘆いている。しかし、「早すぎる」は椿の流儀である。椿は俳人の視線など無視する。

【特選】しゃがむ子に触れたくている花菫(城内幸江)八木健からのコメント:スミレを擬人化した句である。滑稽俳句の第一歩は擬人化である。しゃがむ子が触れたいところをスミレが触れたいとしたところが作者のやさしさ

【特選】ミサイルの量産のごと蝿生る(石川焦点)八木健からのコメント:俳句では「やうな」とか「ごとき」とかは避けるように指導されることが多いが、緊迫した世界情勢を取り入れた「ごとき」が時事俳句を演出している。

秀逸

禿ぶ石鹸集めて使ふ昭和の日椋本望生
マディソンの春の屋根橋雲流る田中庵野
間引かれし無数のありて大トマト志保川有
車椅子押す孫を押す花の風緞子
LLかXLか春愁ひまどん
また会える日の待ち遠し芋植うる田中亜希子
春愁ひ火元が何処か知りたくて雪子
花片も一つ浮かべてレモンティー平光 俊明
散るときは花ひとひらや放哉忌林 半寿
脱糞せる象を見てをり花の昼かをり

入選

春日傘めらめら燃ゆる業かくし伊奈川富真乃
空破るように伸びゆく松の芯佐東亜阿介
花菖蒲ないしよ話しが嫌いなの春桜
すし詰めの車両に蜜蜂が乗車ときこ
蝿生まるせかせか歩く都会人小鞠
蠅生る福音ひとつ響かざる亀田荒太
曲線を描く辛夷の鼓動かな輝幸
目覚ましの要らぬひと日や大朝寝山畑洋二
数学の教諭まづ泣き卒業式澤田聖吾
花の下鼻下長き漢かな垣内孝雄
恋猫や喉を潰して帰り着き辻が花
春の風邪他人に移して治りけり野中 たかし
渡良瀬の野焼見むとふ車列かな篠﨑順子
春神輿担いでギックリ神ってる泉 宗鶴
花冷えの旧交温めじんわりとカオリン
花あれば花は咲くなり今生の遠藤 えひみ
啄木忌ぢっと手を見る占い師森岡滋夫
幼子があったと駆ける蕨狩り竹野宏平
ひとつずつ想い出辿りてさくら道土川真知子
試着室我が身合わねど夏来る百合乃
吹雪く日は矢数俳諧興ずるかよし生
足を止め声を弾ませ花の雲大久保俊克
春炬燵仕舞った日からさびしけりはずきめいこ
永き日の起承転結再放送司啓
目覚めれば爺咲かせたごと桜さくらなおばら
桜花舞ふ生まれるいのち逝くいのち蓼科川奈
日の永し爺の飛び入るおにごっこ杉島紘子
春の昼カバ見る吾子の大あくびさとう菓子
家中の窓開け放つ夏隣伊藤和幸
ひとひらの寄せ集まって花筏平田 守弘
朧夜や小樽煉瓦も燈もあかく李子
棚ぼたが在るやも知れぬフリージア田村利平
桜木に触れて鼓動は手に伝う服部かがり
初燕行き来してをる商店街服部かつこ
酒豪らを眠らしている大桜入江 澄泉
叱られて菜の花の黄をひっこぬく児玉リツ子
肴(あて)いらぬ寝酒一合放哉忌歌川聖一
旬の味口に広がる春の音野口香緒里
花冷えの闇に色あり吉野山藤本禮造
コンビニの弁当提げて花見かな龍野ひろし
若葉風暇もてあます雄の猫北野すみれ
行く春や河馬の欠伸に吸い込まる渡邉春生
狂ほしきほどに恋猫名古屋弁香壺
湯呑には生姜や葛や花疲れ土屋虹魚
広重の図録乞ふ娘や時鳥渡邉高志
葉桜も由緒正しき四月尽雛まつり
何処からか追いかけて来る落花かな露玉
コンビニで四枚コピー四月逝く石川順一
白壁に影揺れてをり夏蜜柑松尾千波矢
藤の花ポニーテールに出来ないか森鼻 恵実子
また同じページを開く春の昼葉音
レコード盤取れぬ埃や走り梅雨若井柳児
帆柱の軋むごとくに竹の秋土屋幸代


愚陀佛庵インターネット句会に参加しましょう!

どなたでも参加OK!!参加方法自信の句を投句ください!!投句はこちら優秀100句をご紹介!!結果発表

このページの先頭へ